減らして増やす

『減らして増やす』

ちょっと意味不明なタイトルですが。

みなさん月々の固定費って把握してますか?

私はここ半年ほど前まで恥ずかしながら自分の給料がどのように使われているか全く把握していませんでした。

最近になって嫁と

もっと家計の管理をしっかりせにゃいかんな

という話になりまして。

色々見直してる中で、固定費の削減というわけにあいなったわけです。

スポンサーリンク

毎月かかる通信費用

固定費中でも一際目立つ固定費の項目があるわけですが。

それこそが、みなさんご存知

通信費

ケータイ代とかネット料金とかですね。

我が家の通信費なんと

約3万円(ネット料金約6000円、ケータイ代約24000円)

ネット料金はとりあえず様子見で、まずはケータイ代の見直しを。

保険料の見直しってよく聞くけど、最近では通信費の見直しも普及してきているようで、調べると結構色んな情報が見つかりました。

で、ケータイ代をさらに細かく分けると

私 10000円 (iPhone 7)

妻 10000円 (iPhone 6S)

共用 4000円 (iPad)


合計 24000円

こんな感じになるんですね。

夫婦でiPhone持って、三大キャリア使ってるとだいたいこんな感じの料金になるんじゃないでしょうか。

単刀直入に、これ

高すぎ。

でまぁ、調べていくと行き着く先は

格安SIM。

格安SIMってなんぞ

実は今、ケータイ会社って

・DOCOMO

・au

・SoftBank

だけじゃないんですね←

この三つのキャリアがいわゆる三大キャリアってやつで

今はこの他にいろんなケータイ会社が出てきていて、それが

NVNO (Mobile Virtual Network Operator) 「仮想移動体通信事業者」

と呼ばれるらしいんだけど

まぁ、要は上の三大キャリアの設備を借りて、サービスだけを提供してる会社って感じ。

・設備の維持費(アンテナとか基地局とか)

・人件費

こういうのがかからないから、結果的に利用料金を格安で提供できますよって話らしい。

・LINEモバイル

・楽天モバイル

・マイネオ

・BIGLOBEモバイル etc…

こんな感じでた〜くさんケータイ会社があって、

こういうものの総称が

格安SIM

と呼ばれるもの。

格安SIMの特徴

三大キャリアと通信速度も大して変わらず

しかも謎の二年縛りも無しで

さらに格安

デメリットがないかといえばそうではないが(キャリアメールが使えない、若干通信速度が遅い時があるらしい)

これ

変えない理由ある?

毎月の端末残金の支払いを加味しないとしても

だいたい3000~4000円違いますからね!

これ1年で36000~48000円違いますからね!

大したデメリットもなく年間これだけ差が出るなら全然ありではないでしょうかね

と、いうわけで

毎月かかる固定費を減らしてその分で、貯金・投資額を増やす

というお話でしたー。

スポンサーリンク
押すのじゃ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。