禁煙できる方法教えますよ

どうもよねすけデス。

今回のお題は禁煙。

喫煙者にとっては耳が痛い内容ではないでしょうか?

タバコを吸っていれば必ずと言っていいほど通る道。禁煙。

ただほとんどの人が途中で挫折してしまいます。

今回はそんな禁煙について少し書いてみました。

この記事を最後まで読めばきっとタバコをやめられますよ。

たぶんねっ!

稼働時にあると便利なものベスト3
どうもよねすけデス。 今回は、スロット稼働時にあると便利なものベスト3という事で、僕の独断と偏見だけでランク付けしてみました。もうすで...

スポンサーリンク

喫煙経歴

期間・本数

僕は20才から吸い始めて30才で子供2人目が生まれた段階でやめました。

その喫煙期間なんと…

10年!

今改めて考えると長いな。

喫煙中はだいたい一日20~30本。

飲み会とかが重なると40本くらい吸ってましたね。

勿体無いことしてたなぁ…。

費やした時間・お金

タバコ吸ってると、時間とお金も同時に消費しているので、吸っている場合とそうでない場合とで消費している時間とお金に差が出てくるわけですね。

そこを具体的に計算してみます。

時間

・1本5分

・1日30本 を10年間で計算してみます。

5分×30本/日=150分(3時間)

1日で3時間

1年で1095時間

10年で10950時間

ちょっと想像し難い数字になってしまいました。

わかりやすくいきましょう。

10950時間は456日

456日は1年3ヶ月!

タバコを1日30本ペースで10年吸い続けると、タバコに費やしてる時間は全部で

1年3ヶ月!

長すぎだろw

1年3ヶ月タバコに時間費やすってw

まぁこの時間が全部無駄かって聞かれるとそうでもないんですがね。

お金

続いてお金の計算をしていきます。条件は同じです。

・1日30本 を10年間

・1箱440円 1本22円 (僕が吸っていた銘柄)

22円×30本/日=660円/日

1日で660円

1年で240900円

10年で2409000円

タバコを1日30本ペースで10年吸い続けると、タバコに費やしてるお金は全部で

240万9000円になります。

高すぎっ!

10年で終わってますからねこれ、実際は死ぬまで吸うんだからもっともっと高くなるはずです。

禁煙理由

1日30本ペースでタバコを10年吸うと、時間にして1年3ヶ月お金にして240万9000円消費している事になります。10年でやめないことを考えればこれらはもっと膨れ上がりますね。

これだけでも禁煙理由としては十分すぎると思うんですが、あとは避けて通れないのが健康上の理由。これはもうみなさんご存知の事と思いますのでここでは割愛します。

またタバコの吸い殻や灰による汚れ、車や部屋に着くヤニ、匂い、こんな所もタバコのマイナス面です。

さらにいうと、火事のリスク。

これは経済的な打撃もそうですが、大切な人を失うリスクがあります。

こう考えるとやはりタバコは

マイナス期待値の塊

であります。禁煙理由なんていくらでも抽出できるでしょう。

禁煙方法

でまぁここからが本題になるわけなんですが、タバコ吸っている人は少なからず通ると思うんですよこの問題。

でね、タバコにかかるお金とか、健康的リスクとか、周りに迷惑とか、そんなんはもうみなさん十分わかってるんですよねこれが。

心のどこかでやめた方がいいっていうのはわかってるんですよ。

実際に僕がそうでした。

心のどこかでわかってるけど、やめられない

ここにテコをいれてやらないとダメなんです。

これが非常に大変なんですよね。

その理由が

みんな小さい時から洗脳されている

からなんですよ。

ちょっと考えてみて欲しいんですが、タバコを吸ってる人はなぜか

タバコは美味しい

と思っていませんか?

それ本当に

美味しい

ですか?

ここに重大なヒントがあるんですよ。

例えば、何かの映画で死刑囚が死刑執行目前にしてあと5分あるとします。ここで執行する側の人がこう言います。

執行人「お前の命も残り5分、好きなように使え。何がしたい?」

たぶんみなさんこうなると想像するんじゃないでしょうか?

死刑囚「…タバコを、吸わせてくれ。」

ちょっと待ってください。これって既におかしくないですか?

なぜ死の間際にタバコを吸わなければいけないんですか?

コーヒーとか、お菓子とか、お酒とか、他に美味しいものたくさんありますよね?

昔のメディアではタバコを肯定的に扱っているためか、映画やドラマでも主人公がタバコありきで描かれていたりします。

現在ではどうでしょう?

おそらく主人公がタバコをプカプカふかしてる映画やドラマはかなり減ったんじゃないでしょうか?

ではみなさんの周りの若年層はどうでしょうか?

タバコを吸っている人は少ないんじゃないでしょうか?

ここまでくればもうおわかりかと思いますが、これ昔からメディアに洗脳されてるんですよね。

おそらくタバコを売るための経営戦略だと思うんですが。

それが深く頭の奥に根付いてるんですよね。

自分でも無意識の内に。

だからタバコをやめられないんです。

タバコは体に悪いことは意識としてわかっている。

ただ

タバコが美味しいというのは無意識に感じている。

ちょっとわかり難いですかね。

要するに、タバコは美味しいという深層心理を消してしまえばいいわけです。

じゃあ、そうするにはどうしたらいいか。

僕はこの本でその洗脳を綺麗に解いてもらいました。

禁煙セラピー

ドン!

ちなみに読み始めはタバコを吸いながらでも大丈夫です。

あ、もしこれで禁煙できなかったとしても損失972円ですからね。タバコ2箱分と考えればそんなに痛くはないはず。

騙されたと思ってどうぞ!

スポンサーリンク
押すのじゃ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。