[保存版]これだけで店の売り上げ把握可能【スロットデータ取り用excelの作り方】

はい、どうもよねすけです(@yonesuke_slot

今回はスロットにおける「データ取り」

これにフォーカスしていきたいと思います。

これ本当に大事なんですよ

スロットの設定狙いで勝ってる人でやってないって人ほぼいないんじゃないですかね

「でもExcel使ってデータ集計とか難しそう…。」

そんな要望に応えるため、誰でもわかるようにデータまとめ用のExcelのフォーマット作りをしていきたいと思います。

もちろんそれぞれ狙っている店舗が違うと思いますので、ある程度融通が効くように作ったつもりですし、自分の好きなようにカスタムすれば意外と今まで気づかなかった癖に気付けたりもするかもしれませんので、最終的には自分の好きなようにいじくり回せばいいかなと思います。

とりあえずの最終形としてはこんな感じになります。

このシート1枚から読み取ることがでる情報は

・各台の総回転数

・ボーナス回数

・PAY OUT

・予想設定 etc…

また、ここに打ち込んだ数値を利用して別の使い方にも派生させることもできます

・末尾別差枚数

・日別差枚数 etc…

使い方次第で無限位広がるデータシートですが

早速作成していきましょう!

スポンサーリンク

作成方法

項目入力

まずはこのようにそれぞれ項目を記入していきます

打ち込んだ項目は

日付・曜日・機種・台番号・末尾・総回転・BIG回数・REG回数・BIG確率・REG確率・合計・合算・差枚数・PAY OUT・備考

黄色の塗りつぶしは、好みで何色でも。

日付

続いて日付のセルですが

「1月1日」

の表記が個人的に好きではないので

「1/1」

に変更しました

やり方は、該当のセルを選択し

「セルの書式設定 → 表示形式 → 日付 →(種類の欄から選択)→ OK」

これで表示が

「1/1」

に変更になります。

あとは、後々打ち込みを楽にするために

「 B4=B3 」

としておきます。

これによって日付の入力を一発で終わらす事ができるので案外大切です。

ここでB4セルをB20までオートフィルしておきましょう

曜日

曜日のセルは画像の通り

「 C3=TEXT(B3,”aaa”) 」

と入力しましょう

「火」

と表示されます

「 C3=TEXT(B3,”aaaa”) 」

とすると

「火曜日」

という表示になります

僕は一文字の方が見やすいのでそちらにしています

ここで曜日を下までオートフィルします

選択セルの右下の ■ ←このマークをクリックしてそのまま離さずに下まで引っ張って離します

すると最初に選択していたセルが下までコピーされます

機種名

機種名はとりあえず

「マイジャグ4」

と入れて、こちらもオートフィルします

台番号

台番号もとりあえず F3セルに

「101」

としておきます

こちらも同様にオートフィルするのですが

そのままコピーしてしまうと全台101番台になるので注意

このようにオートフィルして指を離すと新たにタブが出てくるはずですので

その選択肢の中から

「連続データ」

を選択

これで 101~118番台までの連続データの入力が完了です

末尾

末尾はこの関数

「F3 = MOD(E3,10)」

この関数は E310 で割ったときの余りを表示してくれる関数なのですが、あまり深いことは考えずにそのまま入力でおkです。

こちらも同様にオートフィルしましょう

しっかり台番の末尾になっていればおk


・総回転

・BIG回数

・REG回数

この3つの欄は、実際に台のデータ打ち込むところなので今は飛ばします


BIG確率・REG確率

少し見にくいかもしれませんが、BIG確率のところの関数は

「 J3 = G3/H3 」

となっています

確率の表示形式について

僕は個人的に 「1/〇〇」という表記が好きなので

その表示形式にします

「セルの書式設定 → 表示形式 → ユーザー定義 →(種類の欄をクリック)→ “1/”0 → OK」

これでこのセルの表示が「1/〇〇」という表記になります

こんな感じですね

なんとなくこっちの方がしっくりきます

REG確率も同じようにセルの書式を設定し、関数は

「 K3 = G3/I3 」

とします

合算

合算について

まずは合計の欄

ここにBIG回数とREG回数の合計値を表示させます

次の欄で合算を出すときにわかりやすくする為に作りました

関数は

「 L3 = H3+I3 」

と入力してください

合算は

「 M3=G3/L3 」

を入力

ここもさっきと同じようにセルの書式設定で表記を変更しておきます

ちなみに僕はセル内の式をわかりやすくする為に合計値の欄を作っていますが

少しでもシンプルにしたいのであれば合計値の欄は作らなくてもOKで

その場合、合算の欄の関数は

「 M3=G3/(H3+I3) 」

と入力してください

差枚数

次は差枚数の欄

ここは少し複雑な関数になります

「 N3=(H3*312+L3*104)-(50*G3/35.2) 」

中身を解説すると

H3 * 312 BIG回数 × BIG獲得枚数

L3 * 104 REG回数 × REG獲得枚数

50 * G3 / 35.2 50枚 × 総回転 ÷ 50枚あたりの平均回転数

要するに、獲得枚数から投入枚数を差し引いた数字を予測して算出してるわけです

ただしここは注意点がふたつあります

・ボーナスの獲得枚数は機種毎に違う
別の機種の時は少し式を変更しなければいけません

・コイン50枚あたりの平均回転数は設定によって違う
その店の平均設定や客層等にもよりますが
僕が設定しているのは「設定2」の平均回転数です
(高設定が低設定に比べて多く回される点、比較的中間設定が多いことから



ジャグラーの機種別スペックまとめました

[ジャグラーシリーズ]機種別ボーナス確率・平均回転数・ボーナス払い出し枚数まとめ
アイムジャグラー ボーナス確率 設定 BIG REG 合算 1 1/287.44 1/455.11 1...

PAY OUT

PAY OUT は投入枚数に対する払い出し枚数の割合です

ちょっと小難しいかもしれませんが

要するに100%超えていれば払い出し枚数の方が多いので

客側がプラスという事になります

ここに入れる関数は

「 O3 = (G3*3+N3)/(G3*3)*100 」

少々複雑に感じるかもしれませんが、こちらは単純な式で

[払い出し枚数]÷ [投入枚数]× 100

という計算式です

表示形式

表示形式を少し変更します

これは好みの問題なので、必要なければ変更しなくてもOKです

総回転

セルを選択

「セルの書式設定 → 表示形式 → ユーザー定義 →(種類の欄から選択)→ 0″G” → OK」

これでゲーム数を打ち込んだときに「 〇〇G 」という表記になります

BIG回数 REG回数 合計

回数表示は(BIG回数、REG回数、合計)のセルを全て選択

「セルの書式設定 → 表示形式 → ユーザー定義 →(種類の欄から選択)→ 0″回” → OK」

これでボーナス回数を打ち込んだときに「 〇〇回 」という表記になります

(合計は自動で出力されます)

差枚数

差枚数の欄はプラスとマイナスを区別しやすくする為に、マイナスの時は赤字になるようにします

セルを選択

「セルの書式設定 → 表示形式 → 数値 → -1234 →  OK」

これで差枚数がマイナスの時は「 -500 」といった表記になります

PAY OUT

PAY OUT が100%未満の時に赤字にします

セルを選択

① 画面上部の「条件付き書式設定」を選択

  「セルの強調表示ルール」 → 「指定の値より小さい」を選択

② 図中の欄に “100” を入力

③ 書式を「ユーザー設定の書式」にして、色を赤に変更 → OK

これでPAY OUTが100%未満の台は赤字で表示されます

項目を増やす

ここまで設定したら

図のように 台番号〜備考 までを選択

下までオートフィルします

するとこのように全てのセルが一気に設定されます

機種別データ入力欄

図のように

合計・総回転・差枚数・PAY OUT

をそれぞれ入力

合計は

「 S3=S4/SUM(L3:L20) 」

総回転は

「 S4=SUM(G3:G20) 」

差枚数は

「 S5=SUM(N3:N20) 」

PAY OUTは

「 S6=((S4*3+S5)/(S4*3))*100 」

ちなみに SUM は()の中の数値を合計するときに使う関数です

データバーで見やすく

総回転数と差枚数にデータバーを表示し

視覚的に出玉を捉えやすくします

ただ別に必要ないと思えば設定しなくても大丈夫です

総回転数のセルを選択

「条件付き書式設定」→「データバー」→  好きな色を選択

差枚数も同様の手順で行ってください

ちなみに僕は

総回転数は黄色

差枚数は青色

のデータバーにしています

機種を追加

次は機種を増やす段階ですが、店によって構成が違う上にやる事はほぼ一緒なので

ここでは省かせていただきます

合計の欄を追加

一番下に合計の欄を追加します

ここでその日の総回転や総差枚数等を表示します

まずは総回転数

「 G21=SUM(G3:G20) 」

(※機種や台数が増えれば、その分抽出箇所を増やしてください)

・BIG回数

「 H21=SUM(H3:H20) 」

・REG回数

「 I21=SUM(I3:I20) 」

・合計

「 L21=SUM(L3:L20) 」

・差枚数

「 N21=SUM(N3:N20) 」

それぞれ合計値が出せるよう同様の手順で入力してください

あとは以下の通り確率の欄とPAY OUTの欄を入力

・BIG確率

「 J21=G21/H21 」

・REG確率

「 K21=G21/L21 」


・合算

「 M21=G21/L21 」

・PAY OUT

「 O21=(G21*3+N21)/(G21*3)*100 」

これで全ての入力は終わりです!

あとは

・合計のセルを差別化したいので、緑に塗りつぶしをします

・枠線が見にくいので消します

表示タブ → 枠線

で、枠線のチェックマークを外す

最終調整

最終調整として

罫線の調整・セル幅の調整・機種別データの色分け

を行いますが

特に難しくはないと思いますので説明は割愛させていただきます

ここまでくればあとは繰り返し作業がほとんどになるので

それぞれの店舗状況に合わせてデータ表を作成してみてください

ちなみに備考欄の記号は予想設定です

◎…設定6以上

◯…設定5以上

△…設定4以上  という感じになるよう入力しています

使い方

このデータ表の使い方は、主にサイトセブン上のデータを入力して使います

ただし、ジャグラーシリーズは総回転数とボーナス回数である程度の出玉は計算できますが

その他の機種は差枚数をグラフから読み取るしかないので、そこは少し苦労するかもしれません(実際僕も今だにそこが苦痛です)

サイトセブンは登録して月額500円支払わないと閲覧できませんが

それを支払うには十分すぎる情報量だと思いますのでここでケチるのは勿体無いので

さっさと登録してしまいましょう。(ちなみにサイトセブン から紹介料はもらってません)

もちろんサイトセブン に登録していない店もあると思いますので

そういう店に関しては、独自のサイトからデータを読み取るか

実際に店に足を運んでデータを取ってくるしかありません

(めちゃくちゃ大変ですが、案外そういう店の方がライバル少ないので結果的に楽な時もあります)

まとめ

お疲れ様でした。

かなりボリュームのある内容だったので、この記事を作成するのも

なかなか時間がかかり苦労しました。

ただ、あくまでもこれがスタートであり、このデータを利用していかに高設定を打てるかが一番大切な事となります。

正直、日々のデータ取りは労力がかなりかかりますし、分析にも案外時間がかかります

それでもその苦労の中でツモった設定6は本当に価値あるものだと思いますので

ぜひ最後まで根気よく頑張ってみてください!

最後までお付き合いありがとうございました!

スポンサーリンク
押すのじゃ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. しまかず より:

    とても見やすく分かりやすかったです。
    大変勉強になりました。
    参考にさせて頂きます!

    • yonesuke2371 より:

      しまかずさん
      コメントありがとうございます!
      最近アクセス数が伸び悩んでいて、何かテコ入れしなきゃいけないと思い、少し趣向を変えてみました。
      後々もうちょっと踏み込んだバージョンも投稿するつもりです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。